Sunday treat(サンデートリート)

古き良さと新しさが融合 和に寄りすぎない現代風古民家に

2016年12月 竣工

オーナーの祖父が所有されていた20年以上手つかずの築200年の古民家をリノベートした、オシャレなカフェ&雑貨店。古い日本家屋によくみられる四間取りの空間を生かし、必要なところには補強を施しつつ、状態の良い柱や梁は、かまどのすす汚れなども落とさずあえてそのまま再利用することで、当時の趣そのままに明るく開放的な大空間を実現。また以前納戸として使われていた2階も、できるだけ手は加えず空間と馴染むよう建具を作り替え、家具や照明を合わせるなどして、まるで秘密基地のようなスペースに変身。残せるものは残しつつも、現代にマッチしたスタイリッシュなテイストをちょうどよいバランスで融合させた空間。その居心地の良さについつい長居してしまう常連さんも多いという。

テイスト ナチュラル, 和モダン
スペック 補助金活用
延床面積 101.83㎡
Sunday treat(サンデートリート)

古民家をリノベーションしたカフェ&雑貨店。

Sunday treat(サンデートリート)

スロープや扉の凹凸をなくしたバリアフリー設計。

Sunday treat(サンデートリート)

出来るだけ当時の柱や梁は残しつつ、必要なところには補強をし、床は奈良県産の杉材を使用。

Sunday treat(サンデートリート) Sunday treat(サンデートリート)

奥のキッチンは昔懐かしいかまどの面影そのまま。

Sunday treat(サンデートリート) Sunday treat(サンデートリート) Sunday treat(サンデートリート)

客席のテーブルは、元は床板だったものを再利用。オーナーによるDIY。

Sunday treat(サンデートリート)

キッチンやミシンの作業スペースなど、魅せるバックヤードを意識し、お店のライブ感を演出。

Sunday treat(サンデートリート)

2階はソファー席になっていて、屋根裏部屋か秘密基地のような趣にこの席を指定するお客様も多いのだとか。

Sunday treat(サンデートリート)

リノベーションする前からあった梁と柱を、大胆なデザインで現在の間取りに生かしている。

Sunday treat(サンデートリート)

施工データ

  • Sunday treat(サンデートリート)
  • Sunday treat(サンデートリート)

    古き良さと新しさが融合 和に寄りすぎない現代風古民家に

    2016年12月 竣工

  • 施工タイプ

    店舗・オフィス

  • 延床面積

    101.83㎡

  • テイスト

    ナチュラル, 和モダン

  • スペック

    補助金活用


ページの先頭に戻る