高の原モデルハウス

健康面にも優れた漆喰を用い 自然素材で上質な住まいをつくる

2019年11月 竣工

人にも環境にもやさしい住まいをお届けする。それが、無添加住宅の正規代理店である『吉川住研』のこだわり。特に、ウイルスを不活性化する効果も認められた壁材のオリジナル漆喰は、シックハウスの原因となる化学物質を放出しない自然素材として近年再評価されている。自然素材の家は総じて素朴でかわいらしい印象になりがちだが、シックな住まいを演出することもできる。高級感のある住宅デザインの追求と自然素材とを両立させたのが今回紹介のモデルハウス。壁の素材も場所の演出に合わせて使い分け、天井にも高低差や勾配をつけることで空間にメリハリをつけている。住宅のフォルムにとことんこだわることで、自然素材の表情の幅が広がり、より上質な生活空間をつくり上げた。

スタイル 平屋
テイスト アンティーク
スペック 健康住宅
延床面積 147.39㎡
高の原モデルハウス

漆喰・石材・木材・鉄・ガラスといった素材を使い分けた住宅環境が日々の上質な暮らしを彩る。

高の原モデルハウス 高の原モデルハウス

板張り天井が開放感を演出。外部の軒と天井高をつなげて仕上げを統一させることで、全体の落ち着きももたせている。

高の原モデルハウス

LDKのデッドスペースには書斎が。壁にはめこんだガラスが漆喰の風合いをより引き立てる。

高の原モデルハウス

豊富な収納も空間に溶け込んでいる。

高の原モデルハウス

洗面と浴室をガラス張りにすることで、生活感の出やすいスペースにも高級感が生まれます。浴室から眺められる坪庭は、空間に広がりをもたせる優雅な演出。“一日の終わりに、疲れを癒す”をテーマにしたお風呂です。

施工データ

  • 施工タイプ

    新築

  • 延床面積

    147.39㎡

  • スタイル

    平屋

  • テイスト

    アンティーク

  • スペック

    健康住宅


ページの先頭に戻る