橿原市K様邸

基礎は傾き、老朽化した家を安心できる住まいに耐震改修

立った瞬間、体が傾くほど傾いた家。理由は基礎の劣化、傾きでした。
床をめくり、基礎を鉄筋コンクリートで強固に補強。壁は、柱と柱の間に筋かい・構造用合板という部材と耐震金物で補強し、耐震性をアップさせました。
自社で診断した結果、現在の建築基準法で定められたレベルまで補強でき、安全性を確保できました。
さらに国・自治体の補助金を活用することが出来たため、お客様の経済的な負担も減らすこともできました。
耐震改修工事に加え、お客様のバリアフリーや模様替え、サッシの断熱化を同時に行うことが出来ましたので、安全性と快適性を備えた家に生まれ変わりました。

建物のタイプ 戸建住宅

施工データ

  • 施工タイプ

    リフォーム

  • 建物のタイプ

    戸建住宅


ページの先頭に戻る